読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

茂木サイクルマラソン

エキスパートクラス 3位


■2時間22分41秒 223w 140拍/173 83回転

 

6時に自宅出発

嫁さんは5時に起きて息子の朝食+昼食お弁当を作り完成後出発ー
インスタントに興味を示さないのは食育的にとても良い事なんだけど
こんな時は正直やっぱりちょっと大変、、、
まぁだけど変なものを美味しいって食べられるより、喜ぶべき事なんだろう

 

1時間30分程度で茂木に到着


茂木に到着してすぐタカオカさん到着して合流

新しいピナレロを見せてもらう

最近の自転車と比較してピナレロの印象は、ここまでだよな~って感じ

良くも悪くも奇抜な感じがしないので、今時の
やりすぎな自転車よりも好き

ゴチャゴチャしてるか平べったい自転車とかは、かっこ悪い&メンテもやりにくそうなのばかり

ピナレロのBBねじ切りはやっぱり良いです、
自分のTIMEは運よくBB周りからの音鳴りが無いけど、半数以上の知合いは
TIME音鳴りしてるし・・・TIMEZXRSもネジ切りタイプなら本当に最高なんですけどね

 


しかし今年は暖かい・・・いつもは到着時ー6度とかなんだけど、受付時すでに0度


今日は完全冬装備じゃなくても大丈夫そう、、
インナー冬用+レッグウオーマー使えば通常ジャージでOK
ヘッドキャップとネッグウオーマーは使うけど、手袋もゴワゴワした極寒しようじゃなくて
薄手の長指にしました


試走すると体が冷えてしまうので試走は無し
アップも無し


イナーメのベリーホットを塗り込む、、、5分位すると走ってないけど脚がポカポカしてきた
こうなるとアップしなくても、膝がキシキシしなくて滑らかに動くので体へのダメージも少なくて済みます

 

相変わらずこの茂木お正月レースはあいさつ回り的な感じで?メンバーが揃ってるので面白いんです

 

毎年恒例のガタガタ寒さに震えるローリングスタートでもなく
若干寒いな~程度のローリング

リアルスタートしてからスピードが一気に上がるけど、登りはそうでもなく平和


なるべくチームメイトのタカオカさんから離れないようにして走るように注意して序盤は坦々と


自分の脚の状態を確認するため、一回登りでもがいてみると一人後ろについてきて二人でスルっと抜け出したので
体重重いけど結構かかってる感じ・・・

これは本気の逃げでもないけど、一応二人で回して一周で捕まり集団に戻る


1時間経過するころタカオカさんがウインドブレーカーを脱いだので、そろそろかな??と思い、タケイさん
タカオカさん、オバタさんが接近してるときは必ず足を使ってもいいから近くに待機するように

 

タケイさんが豪快なアタックで一人スコーーーンと

取あえず良い場所に居たのでもがく・・・・プロ招待のブラーゼンの選手が追いかけるけどタケイさんにつけず切れて落ちてきた・・・
ブラーゼンの選手を横目に完全に追いつけないのは分かってたけど、タケイさんがチラっと後ろを見てくれたので
諦めずに単独でもがいて平坦区間でタケイさんが待っててくれて合流

ブラーゼンの選手は招待なので、後ろにつくだけ

ここからタケイさんと二人で逃げ開始


集団から20~25秒キープのまま逃げるんだけど、、、

やっぱり分かってたけど、半端ないよね・・・・タイで走りこんでるだけあって
他の選手とは違いきっちり仕上がってます
自分は一回前に出たら30秒でOK 後は後ろで上手く休んでていいよ!との事だけど、
それでも本当にきつい

後ろについてて、あれ??追い風??って思うほど、、先頭交代すると
あちゃーーー きっつーーーい とこんな繰り返し

登りだけは自分のペースに合わせてもらい、前に出させてもらってエッチラホッチラ

それでも登坂部分は410〜430w
登り切ったらタケイさんがグワーーーーーンと引いてくれる、これの繰り返し


ブリッジも来ない感じで、20秒保ったまま後ろが諦めてくれるのを祈りつつ手を緩めず
タケイさんがグイングイン行く


こっちは段々と頭がクラクラしてきました  


残り4周で集団がペースアップしてきて、捕まってしまったけど
ここで下がりすぎたらもう上がってこれないと思い、先頭付近から落ちないように
先頭付近のローテに入る


登りでカウンター気味にペースアップされたらちょっとやばいかも??と思ったけど
追ってきた集団もそこそこ疲れてたらしく、登りがそれほどのペースじゃなくて助かった


逃げのようなアタックもなく、集団がスプリントに備えてる感じがしたけど
スプリントだと当然何も出来ず終わるので、最後の登りでアタックがかかることを祈り
そこに集中


ラストの登坂で、オーベストの西谷店長が外から一気にアタック 

その後ろに数名+タカオカさんもついてたので反対側から自分、オバタさんもそこの逃げに乗れるようにアタック

さらにタケイさんがもう一発アタックして、オバタさんもアタック、自分も位置取りが良くてもう一回もがける気力と脚が残ってたのでここは最後の勝負所と思い全力ダッシュ

気合で追いつくと、集団から数秒マージンを取り3名で集団からエスケープ成功


ここから平地力のあるタケイさんとオバタさんに引きずられ最後はいつも通り
オバタさんがオリャーーーーって引いてくれたので無事に集団から2秒逃げ切って3位でゴール


オリャーーって引いてたオバタさんは、タケイさんにプスっと刺されて2位 


優勝タケイさん、2位オバタさん 3位マコト  


集団から2秒とか本当にヒリヒリしました


途中逃げが捕まってから、集団の人達と比べて絶対に脚無いよなぁと思いつつも
最後のアタックに玉砕覚悟で突撃したのが良かった


たまにこうやって上手くハマることがあるからロードレースは楽しい

 

今日のレース強度は本当に高かった・・・・現在ボロボロでーす

 

ホイルはコスミックカーボンSLR 
ギアが52/39 カセット12/28


52で12だと逃げてるときの下りはちょっと足らないから、やっぱり11?? 

 

出だしのレースとしては幸先良くスタート出来ました


f:id:x_makocchi:20160103213830j:image

三位入賞パーティは嫁さん特性大きな餃子とビール

f:id:x_makocchi:20160103213925j:image

f:id:x_makocchi:20160103213936j:image

満足ー


明日も休みなんだけど、アラサイでも流しに行こうかな