読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食事] 群馬CSC&謎のインドカレー屋

群馬CSC E2クラス 7周  18位

■234w(NP286w) 145拍/172拍 88回転



練習内容を見ても最近は調子が良い


ポジション変更後、筋肉が変に凝り固まることが少なくなってきた


朝4時に起きて群馬に向けて出発


今回もいつも通り 最近決まり事になってきてる 朝食&レースまでの間食は自宅から作っていくシステム


パンはライムギとグランベリー&レーズンパン それにハチミツを注入したもの


天然酵母パン屋さんで買ってきたパンにトマト煮込み水菜サンド 



中々良いボリュームだ、、食べ過ぎかな




アップは実走で、下まで下って インナーローで230〜250w位で20分間



意外とスタート時間が早いので、朝の時間は少なく バタバタしてたらスタート


さてどうするか・・・レースの展開で多少は臨機応変に動かなくちゃいけないんだけど ある程度の事は決めておきたい


修善寺でスプリンターに転向したので、息をひそめて最終周回のみ心臓破りで上げて最後は踏み切る作戦がベスト??と思ってたんだけど、、、


タケダ親分にスプリントでケチョンケチョンにされたので、やっぱり自分の脚質にあった削り合い殺法で



1,2,3周はみんな元気なので、落ち着いて走行  


4周目からは心臓破り下からすべて上げることに  


先頭引くとかローテしてとかは関係ない、自分のタメに ここで上げて行くしかない


ストーンと急激に加速すると、放置されるだけなので じっくり3〜4人位ついてこれるペースでジワジワ上げて行く


5周目も同じ  


だけど5周目で意外と集団がやや遅れ気味   距離の短いレースでも  これは結構いけるかな?と勘違い?(笑)



6周目後ろと横を見ると、脚のあるメンバーが揃ってたので これはチャンスと思い

ここも下から上げて行く、 群馬の場合上がり切った所で集団がかなり緩むので 下りに入る瞬間にフルもがき  ここが最高出力だったかな?(笑)


で、常に近く居ようと心掛けてたなるしまの選手も来てくれて、チバポンズな方も一緒だったので これは決まったと思ったんだけどね〜



敢無く集団に飲まれる、、、やっぱり集団のパワーは恐るべし  


あの集団の追い込みかたで、こりゃ〜集団内は速い人まだまだ何人も潜んでるなと認識  


飲まれた直後の最終周回で、結構きつかったけど、下がらずに先頭から5〜6番目をキープしてローテ


ラスト付近で チバポンズのタマキさんが単独アタック  これはナイスだ
あそこで行ける度胸は素敵です。


タマキさんが行ってくれたおかげで、緩みかけた集団スピードがややスピードアップ 
こうなってくると削り合いに持ち込めるので  後ろからタマキさんもうちょいがんばって逃げろーと 応援


単独ながらめっちゃがんばって逃げてる、、これは最後までもつれるか?? イケイケー



心臓破り先頭付近で進入、ここから一気にペースがあがり 爆発力のある選手が前に出てきた


だけど大抵頂上で大タレするのが分かってるので 6〜7人行ってから マークしてたなるしまの選手も掛けあがっていったので
後ろについて一緒に上がっていく 


ここまでは完璧? 


一番きつい登りのヘアピン区間がちょっとだけ濡れてたのですが、、、


なるしまの選手がそこをダンシングした瞬間 ズル・・・・ こっちに倒れてきちゃいました・・(タイヤなんだったんだろう??気になる)


あいやーー  押し返して落車は免れましたが、、、、押し返してお互いに体制立て直したと思ったら、、もう一度ふらついてしまったらしく
同じ相手に2度寄りかかられました  
 

アララー  もう一度押し返すも  すでに何人にも抜かれてしまい   ここで終了


こればっかりはしょうがない、、マークしてた選手の近くに自分が望んでいたんだから 自分のミス
 

落車しなくて良かった。お互いに押し返せたから助かった  これがびびって斜行したり避けたりすると二次災害も起こりうるので・・・ラスト手前で集団も殺気立ってるし アブナイアブナイ



それと6周目で逃げれなかったのもダメですな、、もうちょっと早め早めに仕掛けていかないと



正直E2クラスではチーム戦どうこうじゃないので、別チームのマークしてる人を狙って協調しないと難しい。


次は石川の予定だけど、石川ではなるべく最初のほうでコミュニケーションをとり単独で飛び出さないように、談合的な感じも含めて

ロードレーサーっぽく動きたい。  やっぱり1,2,3位以内に入ってる人達はただ強いだけじゃなくて、したたかさと冷静な判断力、頭も良い



登坂のタビに前に出てきてスピードアップするから、逃げたいのバレバレだな〜って言われたけど。あれしか出来ないもんなぁ

僕が勝てる見込みがあるのは、削り合いと消耗戦しかないので あれはあれで間違いではないと思う。


集団内に潜んで最後勝てるのか?っていったら

スプリント力も無いので、それはやっぱり無いなぁ(笑)


自分が一番勝機のある方法でレースをしないと 
 


今年は距離短めレースもちゃんとエントリーして、毎回発見があり、身にはなってると思う。



逃げのきっかけ作りは、最近出来るようになってきたんだけど
次の課題はやっぱり 逃げてからの独走力と後ろ関係なく踏み切る強い心をGETしなければ・・・


レース参加のみなさまお疲れ様でした〜




P1サバイバルレースは、イナーメモリモトさんが5位入賞  凄い・・ラストスプリントでの5位だもんな、、、

3戦連続入賞  完全復活? おめでとうございます!   


だけど車両を見ると、、知る人ぞ知る??モリモトさんっぽい車両は相変わらず


そろそろコラムカットしても良いんじゃないでしょうか?(笑) ガムテープとか無くなってるだけで車両的なレベルはアップしてるのかな?


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


今日はすぐに自宅に戻って作業をしたかったので、急いで帰る


すぐに車両をバラして組換え  夕食前にある程度組めた


メテオスピード540サイズ  バーテープ巻きなおさないと・・・ ワイヤーもリアがちょっと短いな・・


そのままエイヤーと載せ替えたので、ワイヤー類の長さ未調整。 

ポジションもビミョーにズレてる、、明日 明後日で微調整して、水曜日お台場連に備えよう



夕食 チャレンジインドカレー
  


大体インドカレー屋さんはインド人がやってるお店は少なくて、パキスタンかネパール 

そして近所にパキスタン色の強いカレー屋さんがありまして、、、正直かなり入りにくいです

完全アウエー  日本人居ません  日本語表記ありません


100M以内にこの敵地色が強いインドカレー屋さんが2店舗ありまして、、

アルカラムって言うお店と、 カラチの空 


この2件、知る人ぞ知る! っていうお店らしく  日本人好みに味付けされたインドカレー屋さんに飽きた人達がわざわざ遠方から訪ねてくるお店らしいのです


カラチの空っていうお店は一度入店経験あり、ここは日本人メニューと現地メニューが分かれており 現地メニューはパキスタンの文字?なんかウネウネした表記で、詳しく聞かないと食べれません
価格も安く、日本人風にしてるのでインドカレーは美味しいです。 

ランチだと、サラダ、ラッシー、カレー、ナンで600円  意味不明な安さ  



そして今回はアルカラム  ここはパキスタン料理を楽しみたい人向け


っていうか・・・・付近に住んでるパキスタン人の人達向けのお店?


なんとか、黒板にローマ字表記で数種類書かれてる程度  ここもグネグネした文字とローマ字表記のメニューが違うらしく

現地の言葉を知らないと、食べれないメニューが豊富っぽい(笑) 


そして価格が書いてない!!  コエーー  入店するも10数人?のパキスタン人がすでに入店


水しか飲んでないんだよな、、後から後からパキスタン人は増える一方


日本人は居ませーん   嫁さんと二人きり・・・・  


なんだろう??お祈りでも始まっちゃうの???って位、ワラワラ集まってきてる



いよいよ注文・・・



と、意外や意外 対応してくれたパキスタンの人は めちゃめちゃ優しくて親切


一つ一つメニューを詳しく説明してくれる   フレンドリーだな〜 


考えてみると、ディープなインドカレー屋の店員とかアジアンな料理屋は、みんな優しくて非常にフレンドリーだ


ここは事前に予約しておくと、1Kの肉の塊(マトンでもチキンでも) それをみんなで食べる料理がかなり美味しいらしい

価格もこれだけは出てたな、、2500円だったかな、、これを食べにわざわざ関西地方からもお客さんが来るようで



今度チャレンジしてみるか



店員さんからメニューを確認して 嫁さんはダールカレーとナン、ラッシー

自分はチキンビリヤニとラッシー 


まずはサラダが出てきた、、ドキドキしたけど 普通のサラダだった



チキンビリヤニ&ラッシー  


これはかなりスパイシー 普通のインドカレー屋さんでは食べれない味付けかと・・・現地で食べてるものと同じです、味は変えてませんと説明されました


辛くないんだけど、、スパイシー  スパイスの使ってる種類と量がハンパじゃないと思います


ラッシーもデカいぁ   このラッシーは非常に美味しかったです。ヨーグルトドリンクみたいな、セコイ味では無かった



嫁さんのダールカレーも 一般的なインドカレーのダールカレーとはまったく違う 



これはチキンマサラも食べてみたくなり 追加注文  


チキンカレーというか、、チキンのカレー炒めになってる(笑)  見た目通りスパイシーです


これも辛さじゃなくて とにかくスパイスの味が凄い。 嫌いな人はまったく食べれないかな 


お肉ゴロゴロ  良くあるインドカレー屋のチキンカレーココナッツミルク風味な甘い感じは皆無 まったく違う食べ物だと思ってもらってOK


ナンもフワフワで甘いタイプではなくて、小麦しか使ってません そして薄め固め。



ちなみにナンはお替り自由らしい



本場のパキスタン料理を満喫したいなら、かなりオススメのお店です。  お店に入れる勇気さえあれば・・・



そしてドキドキの会計・・・・これが一番怖かったな  


だって値段書いてないんだもん


おっとーー!!!  ナニコレー  


安いのは安い、、、かなり安い、、ディナーなのに・・ランチじゃないよね、、 


ダールカレー、チキンビリヤニ、ラッシー×2 サラダ×2 ナン×2 チキンマサラ 


これで3000円ジャスト  どうもサラダはお通し的な感じか?  


何がいくらなんだろうと、レシートを確認すると・・・



そうですか、3000円って打ちこんだだけですか、、、 最後まで日本的な雰囲気皆無なお店・・・

アトラクション的にもかなり面白かった



次は違う物を注文して同じ価格になるのかどうか検証だ