読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筋肉痛

■チーム朝練 2時間50分 87K 1897KJ TSS181

 

完全なる筋肉痛 

走る事なんて生活してる上で無いもんなぁ、、、それなのにあの砂浜をがんばって走ってしまったツケが

試走の時はこんなの走れない!!と思ってたけど、いざレースが始まると人間の集中力はすごいと言うか、レースってこんなに頑張れるんだ!と自分でも思うほどがんばった

 

腸腰筋とフクラハギ、スネも痛いです

 

自転車は違う筋肉だから大丈夫だろうと思い出発

本日風強め

 

■集合場所まで

■45:05 178w 84回転

 

とにかくか体が動かない 

今日は信号ストップも多かったのでいつもより多めに時間がかかってしまったけど

なんとなく頑張れる気がしなかったので早めに出て正解でした

 

 

今日は6名

タカオカ、ヤマケン、クニ、キク、イタバシ、マコト

 

1本目

■15:39 232w(NP245) 93回転

 

周りに合わせて

キク、クニラインでペースが落ちてしまい

それをヤマケンがぐわーーっと回復させるのを繰り返す

ヤマケンが強い  

 

 

2本目
■15:57 254w(NP283) 95回転

 

クニミ君が若干前と空いてしまうことがしばしば

空いた空間を埋めるために加速、、なので集団のスピードが安定しないし無駄にきつい

最後は良い感じで先頭交代出来てタカオカさんの後ろに張り付こうと思ったけど、

ヤマケンも加速してタカオカさんの1M後方で必死にもがいたがつけず

そのままジリジリ離されて終了

この時点で腸腰筋がパンパン、、

踏むより持ち上げるのがきつくなる

 

 

3本目

■16:02 238w(NP265) 94回転

 

ヤマケンも若干疲れてきたのか? 

ペース遅め

3本目はエアロポジションを意識して下ハン持って低く

集団後方でも下ハン持って低く 省エネ走行 

もうちょい速いペースのほうが良いんだけど、どうしてもタカオカさんの番手から若手二人がスピード維持出来ない&出れないので、さらに後方の自分もまったりと休んでしまう

この辺は走り続けていくうちに覚えていくだろうなと言う感じ 

途中でタカオカさんからも注意されてたし、どんどん吸収していってほしい

 

タカオカさんが一つ抜きに出てるので、ここはヤマケンと手を組んで

タカオカさんからの先頭交代でダッシュ

当然自分の脚力ではゴールまでもたないけど、ヤマケンに託した!!

が・・・・

ヤマケン交わされる・・

くそーーーーーー

 

2対1でもダメなら、来週はマツオ君含む3対1だ  

 

 

橋モガキ683w 28秒

 

タカオカさんの後ろから途中まではなんとかピッタリ張り付くんだけど、後半ジワジワ離されていく

後ろでこれかぁ、、もうちょい何とかしたいな

 

 

帰りは向かい風なので時間かかりました

 

ランのダメージいつ抜けるんだろう

ストレッチすらしたくない

それほどいろんな場所が痛い

 

 

来季は階段があっても、ランが沢山でも出なくちゃダメかな・・・

いやでもやっぱりそれだとシクロクロスが嫌いになりそうだから、今年のスタンスで行こう

 

 

来季嫁さんのシクロクロス問題

 

正直今のレベル機材を揃えるのは結構大変

タケダ親分フレームはウロッカ そしてリアカーボンチューブラー

フロントもカンパの軽量ホイルチューブラー 

 

ちょっとしか乗らないからこの程度で良いんだよ!みたいなパッケージ車両を選んだら確実に、あれ??去年借りてたほうが軽くて速いと言われるのは目に見えてる

 

ウロッカがこれがまたすごく良いフレームなんですよね、、

多少のデコボコも綺麗に走ってくれる

2年前にちょっと乗らしてもらった時リドレーとあまりの違いに驚いた

リドレーだってカーボンフレームなんだけどね

 

なのでやっぱり今季限りでシクロクロスは終了してもらおう・・・L1に上がったけどね   

 

って、、これでは周りから集中砲火受けてしまうか?

 

嫁さんびびってもっと走れないと思ってたのにーーー 砂に勢いよくつっこんでいくは、普通にこけるまでがんばるし、機材トラブルも文句言わず一人でレース中直しちゃうくらい冷静だし 

何気にシクロクロスがあってるような気がする・・・・・想定外