読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

房総大冒険

嫁さん任せで後ろをくっついて走ると事前に報告

嫁さんがしいたけ周回もしくは大周回で練習したいならそれに付き合うし、流すなら流すでOK

基本ついていくと・・・

 f:id:x_makocchi:20161226084949j:image

途中まで中々良いペースで走ってたのですが、ちょっとこっちの林道みたいな所はいってみたいと提案されたのですが、基本ついていくと言う事なのでどうぞどうぞと、、

 f:id:x_makocchi:20161226085036j:image

千葉の林道は結構ヤバイところが多く存在してるのは承知してます

2年前MTBトレイルでキ磯部君と突入した場所も結構やばかったし・・・

 f:id:x_makocchi:20161226085025j:image

序盤はまぁ、、落ち葉が凄い道だな~という程度

 f:id:x_makocchi:20161226085106j:image

そして路面が見えないほどの落ち葉、、、落石?・・・・・コケ???

 

むむーーーガードレール無い、、

 f:id:x_makocchi:20161226085049j:image

枝分かれしていく県道?もう廃路だろうけど

 

25%超の激坂を上り切ったら行き止まりとか、、なんじゃこりゃーー

 f:id:x_makocchi:20161226085119j:image

軽く迷子?  来た道を戻るのも下りが急すぎるのと落ち葉ゾーンが怖すぎるので突き進むノミ

はい、これが遭難する第一歩です

怖くなったら戻りましょう

 

もう10年以上前かな、、ナベッチと山梨トレイル探索(オフロードバイクで)した時

この下り凄いね!!降りてみよう!! 

降りました、、上がろうとしたけど上がれません、、

そのまま突き進みました

完全に迷子になりました

あの時は怖かったなぁ、、まだスマホなんて無い時代でGPSとか無いし

山奥過ぎて光もギリギリだったし

ガソリンがどの程度持つか分からなかったし

運良くゴルフ場の横に出た時は本当にほっとしたのを今でもよく覚えてる

 

途中そんな事を思い出しながらとにかくロードバイクで突き進めるところまで行ってみる

枝分かれする場所もMTBだったら行けそうな道はあるけど、それはパス

千葉で一番高い山って愛宕山だよなぁ、、、おかしいな・・・それ以上登ってる気がする 

スピードが遅いからそう感じるんでしょうね

 

まだ写真を撮ってる所は余裕あり?

 

途中完全に落石だらけの場所もあり、流石にここは降車

 

回復走ライドが完全に冒険ライドに・・・シクロクロス車両ならニヤニヤしながら走ってるだろうけど、コスカボでタイヤがattack&force

パンクしないでくれよーーと祈りながら下りゾーンに入って間もなく農道っぽいのが見えてホッと一息・・・

 

 

方向音痴の自分は全然気が付かなかったけど、一時間ほど山の中をウロウロした結果

嫁さんが一言

 

あれ?? この道さっき林道に入ってきた道だ!!と、、

ぐる~~っと山超えて山沿い走って戻ってきたらしい

 

千葉林道恐るべし・・・

 

降りた所でかなり大きなイノシシの捕獲装置発見、、

3年前鎖骨骨折した時、鋸山トレイルランしてて早朝イノシシに遭遇してしまい

心臓飛び出すんじゃないかと思うほどビビッタ経験あり

山の中は静かで、イノシシの突進音半端ないんですよ

猪突猛進って意味が痛いほどわかったけど、本当にまっすぐ全力で走っていくんですよね

その時はこっちに向かってこなくて助かったのですが

 

自転車で遭遇したら怖いな

 

 

走行距離たったの20Kだったけど、もう心身ともにヘロヘロになり

そのまま保田ハウスに帰還

 

息子は今日も実家の親に面倒見てもらって、久しぶりに二人で走れて楽しめた2日間でした

 

何でもOKなじいちゃん ばあちゃんに甘やかされた息子はたった二日間でこれもやらせろあれもやらせろなダダッコに変身!!

子供の成長怖いぜ・・・

 

冷えてる体で激坂ばかり登ってたので、ヒザが痛い

滅多に膝なんて痛くならないのに、千葉の林道めぇ・・

 

 

クリスマスは嫁さんがチキンを調理

皮をパリッパリにして中ジューシー、スチームオーブンをうまく使って最高の出来だった

出来合い買わなくてよかったー

スパークリングワインを二人で飲んで酔っ払い

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

沖縄終わった翌週にタカオカさんから誘われて動き出した新チーム

roppongi.express

新チームに関して必要な事、物を色々提案してそれをすぐに形にしていくフクダさんと、決定事項が沢山あるんだけどサクサク決めていくタカオカさん

この二人のスピードが早すぎて横でおーーー はぁ~~ いいと思いますしか言わない自分 

出来ない物は出来ない 手を出さない 出せない?

良いか悪いか口だけ出すナイスポジションを陣取ってますが、当初はこの三名だけ行くのかと思いきやスタートは10名で

強豪レーサーを集めたのかと言われたら全然そうでもない(自分含め)

 

出だしがイナーメという中畑監督筆頭の素晴らしいチームだったので、新チームもタカオカさんを軸にお互いが楽しめて全員で強くなれるチームを目指していきたいと思います