読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フジチャレ200K

レース


5時起床、車内で食べる朝食の準備をしてから
まだ寝てる息子を起こして嫁さんと三人で出発

高速道路も空いてて順調だったので、フジスピードウエイに行く前に
隣の富士霊園で早朝お墓参りも済ませて気分的にスッキリ



今日はこの仕様でがんばるぞー

F52/39 
R12/25

この仕様でフジスピードウエイの場合アウターだけで走れるので
ラクチン
シッティングで坂を上がるならインナーに落としてチェーンラインを
ロスの少ない方向で考えて走行したほうがいいんだろうけど、ダンシングで踏んでいくからあんまり関係無くアウター走行

結局25丁には入れてないから、12−23でもいいかも?
11速は11−23になるのか・・・


そして気になってたGOKISOのサーキットエンデューロ使用インプレ

確実に自分のレベルで2人坦々と逃げれたって事が全てだと思います
それに序盤の集団内での下り・・・ドラフティング効果が無くなる外からでもするする前に行ってしまうので楽しかった〜
あそこまで漕がないで前に出れるとラクチンだなぁ
借り物だけど、ぶっちゃけ沖縄でも借りたいです




イナーメからはタカオカさんと自分
が、、スタートして60K超えた辺りで後ろからソロソロ〜っと、、、
かっちゃんが登場!!エントリーしてたんかーーい
後は走行中知らないイナーメの人が2名  
凄いデカイ外人さんみたいな人が居たけど、あれは誰だろう?3人共知らなかった



■フジチャレンジ200Kクラス  3位

■4時間58分 201w 134拍/174 85回転


今回は出し切ってヘロヘロです


スタートしてからプロがそんなにスピードをあげないから、集団が大きくて不安定

この場合はローテに入っちゃった方が安全なのでタカオカさんもローテに入ってたから番手につけて自分も回すようにした


80K位までは何の展開も無く、リスクを減らして走行するだけ
40K位で一度タカオカさんが自分の様子を見る感じのアタックしたので
自分も反対側からすぐにジョイント
途中でオッペイ君もブリッジしてきて、、えーーーーまだ40Kなんですけどー、逃げるんですか???と若干憂鬱に・・・
でもまだまだ集団は元気なのですぐに吸収してくれて助かりました


今回プロは最初の5周だけ引いて、後は参加者同士でどうぞ!!みたいなやり方だったらしく、これはこれで面白かった


100Kクラス残り2周で落車発生・・・これで集団が割れた?
自分も目の前だったけど、丁度ライン外して外に出てたから後ろに誰も居ない事が分かってたので急旋回出来た・・・その時バイクと軽くぶつかったけどギリギリセーフ

ここで前の集団は100Kクラスがゴールスプリントの前方に集まってたので200Kクラスの面々は後ろに下がってました
さっきの落車で完全に足止め食らったらしく、緊急回避して前の集団に残ったのはオッペイ君と自分の2人だけ
で、、200k組はどうせ100Kゴールしたらあの二人だし
まぁいいかと・・・放置だったようで  95Kからオッペイ君と二人?


100Kもゴールして、どうしようかと相談しながら
坦々と2人で走ってても後ろが追いついてこない・・・・

んーーー取りあえず後ろに吸収されてもいいようなペースで行こうって事になりペースアップ

大体6分後半ペースでした  2人だけにしては結構良いペースだったかも


しかし長い・・・だってまだ100Kあるのに二人って
そして後ろがどんな状況か分かってないから、気合入れて逃げて良いものか
それともすぐ吸収されるから余力残すべきか判断迷いました

モーターバイクがタイムギャップを教えてくれないんだもん

何度もどれ位???ってオッペイ君と質問してるのに、シカトかね?全然教えてくれないね〜って、わかんねーーー

150K地点でようやく1分50秒って教えてくれたので、これならがんばれそうだって事で二人勝負だな、、
なーーんて言ってたのですが・・・甘かった・・


170K地点から後ろが急激にペースアップしてきた??

追走してきてるらしい、、、

あ、、この動きはタカオカさんとオバタさんがきっちり集団に要るなってのが見てなくても分かるような瞬発力のある追走タイムでした
こっちもタイムギャップが埋まってきたので二人でペースアップしたけど
それでも5秒とか10秒詰まってるので、若干がっかりしたけど
気を取り直して頑張ろうって事に

残り3周の登りでタカオカさんが先頭でかっとんできた、、そしてそのまま加速!!

あぶねーーー
危うくチーム員で千切られる所だった・・・っていうか、追走集団千切られてたけど、、、かっちゃーーーん!! そちらもチーム員に殺されたか・・・


自分的にはエースのタメにここまで逃げて働きました!!と思っておこう
その方がカッコイイからそうしておこう

逃げてるから〜とかいって、ローテの邪魔したりフタしたりするよりは
積極的に前に追いついてブリッジしてくれるほうが良いですもんね

ぶっちゃけあの瞬間すげー苦しかったけど・・・タイムギャップが凄い勢いで詰まってきた時、それに備えてオッペイ君もペース緩めて回復に努めたのがギリギリ粘れた要因かも
本当頭を使うゲームです


ここで一緒に逃げてたオッペイ君と自分含めて6名

今までのフジチャレとは違う展開で、もろロードレースみたいな感じで
タカオカさんが平地登り関係無くアタックしまくる、それを誰が埋めるか??みたいな感じ

なんどか意識飛びそうになるほどきつかった
結局ラスト2の登坂出力が一番高かった


最終周回 平地のアタックが決まりかけて
オッペイ君が距離を見てブリッジ!! 自分も行くべきか迷ったけど
一番後ろから行ったとしても届かなかったら、そのまま終了だし
引き連れてもタカオカさんに悪いし・・って事で待機!!
まぁ正直動く脚が無かったとも言う


一人落ちてきて、最終周回は前2人 後ろ4人
最初は自分もローテに入ってたけど、前に追いつきそうになったので
当然ここはローテ拒否 


最後は登坂からアタック合戦になってたけど、みんな流石に疲れ切ってて伸びない、、自分も疲れ切ってたけど一番疲れるタイミングで一周脚を貯めれたので、ここは当然?
オバタさんの番手を取って自分の距離まで我慢してから発射

無事に3位

タカオカさんとオッペイ君のスプリント対決は、流石のスプリンター
スピードマンだなぁ、、オッペイ君が優勝 タカオカさんが2位


今回のフジチャレはいつも通りな坦々とした展開じゃなくて
逃げて、吸収されて、最後はロードレース的な展開になってと
ドラマがあって面白かったし
何よりチームとして若干動けたのも自分満足度は高かったです


沖縄がんばるぞー


ーーーーーーーーーーーーーーーーー
帰りは大渋滞だったのでかっちゃんと御殿場インター近くで食事をして
まったりしてたら、渋滞がほとんどなくなっててラッキー♪

嫁さんにがんばったからコンビニでアイス買っても良いよと言われたので
普段食べないようなアイスをチョイスしたら、
あ、、それ私も〜〜〜って・・

むむ???

なんとなく200K走った自分と嫁さんも同じのって・・・
若干不公平感を感じたので、ローソンのモチフワワッフルを自分だけ追加して公平にしておきました


かっちゃん曰く、補給食で甘いの食べてたのに良く甘いの食べれますね??と、、いや、甘いのは無条件で美味しいじゃないか!!


糖分中毒患者です



次は土曜日の実業団群馬

2日間しかない!! これ回復びみょーーーーー 
最初日曜日だとばかり思ってて、嫁さんに言われて若干焦ってる所


マッサージで回復するんだろうか???