読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JBCF石川 E1クラス


■実業団石川E1 11位/102名(完走69名)

■2時間08分 216w(NP271) 144拍/178 82回転


最後のスプリントで撃沈
心拍数を見ると道中はそんなに焦る事も無く、登りも坦々とこなせてたんだけど
やっぱりパンチ力と最後の決定力が無いです
最後の2K付近で、単独発射したヨッシーに飛び乗るかどうか躊躇してしまい
スプリント力の無い自分はあそこに飛び乗るべきでした
結果的にヨッシーも残り500Mで捕まってしまったけど、それは結果論なので
自分の勝負すべきポイントはあそこだったかな・・・


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
4時30分起床して、出発


高速は渋滞も無くスムーズに目的地到着
当日受け付けは時間的に結構タイトなので、8時に受付したら
車で駐車場まで移動して準備

準備してたらアップする時間も無いので、用意してスタート地点に下り基調の5K位を
脚を回して移動〜 
気温も高かったので正直ノーアップ状態だけど、まぁいいかなと・・

その代りちゃんとイナーメのオールシーズン用アップオイルとブレスオイルをヌリヌリ
石川のパレード後スタート直後の登坂はいきなりガツーーンとはいかないはずなので
これで十分対応可能
クリテとかだと流石にノーアップは無理だけど、、JPTじゃないエリートクラスで
スタートアタックは無いしね



待ち時間が非常に熱い・・・・
スタート場所にはサポートで井津ちゃんが居てくれたので助かった
お水をもらって一息

JPTスタート2分後にエリートクラスもスタート


パレードが終わってリアルスタート

あれ??

いきなり速いな・・・まぁでも前列に居たので切れるスピードではないので
坦々とついて行く

ここで今日の調子が分かったけど、調子いいぞ!
前日嫁さんからお尻周りハムスト、四頭筋のフルマッサージを久しぶりに受けたので
筋肉の張りはまったく無し
やっぱり全然動きが違うなぁ・・・ダンシングが凄いラクチンで軽い


一周目終わりでJPTをとらえてしまった・・
あらーーー
どうもスタートアタックが決まってしまったらしく、ペースが落ちてる模様

2周目入る前にエリートはニュートラルでペースダウン

2分差ついたところで再スタートするも、2周目の登りでまたもJPTと絡んでしまったけど右からエリートが行かせてくれるようで、エリート先行するも
ここでかなりゴタゴタがあり、JPTの集団後ろに付いちゃったグループとか
中に入り込んでしまったグループとかでカオス・・・・


なんとか右側から50名チョイ?は抜け出したけど、行かせてくれたはずのJPTが
再度アタックっぽい感じでエリートに追いついてきてしまい、もうぐちゃぐちゃ

ここで紳士協定じゃないけど、JPT右からいかせちゃおう!!エリートJPTに
つくなーー!!って選手同士で号令がかかり一時休戦

せっかく気を使ってこうやってたのに、JPTの選手数名は心無い暴言を吐きながら
抜いて行く、、
そんな選手はアタックされて集団から切れかかってる選手
必死なのは分かってるけど、俺たちのレースを邪魔するんじゃねーよ!!!って

は???? 追いつかれたのはそっちだし、一度抜かさせて再度抜いてきたのもそっちだし、、暴言吐いた選手は某有名選手なので、確実にエントリー費は自腹で払ってないはず
と、思ってたら同じ事思ってた若い子が
こっちはエントリー費払ってるんだよ!!って食って掛かってた、なんだか小学生のケンカみたいでちょっと場の空気が和んだかな


多分またこれ追いついちゃうでしょ?ってことで、フリーダムの店長、それとリーダージャージのVC福岡選手、後は前々で展開してたメンバーでこれ一度スタートラインで止まって再スタートにしようと話がまとまりました

後ろから追いつかれるとか文句言う人もいたけど、最終局面じゃないこのスピードで切れてる選手に追いつかれたとしても、再スタートしてすぐに切れると思うからその辺は
心配しなくてもいいんじゃないかなと思うけど・・・

逆に自分みたいな我慢大会後半型は、一度休憩入ると他が回復してしまうとビクビクしちゃいますが、、今回はこの選択ベストでしょう

何より何もしようとしなかった審判団には頼らず、エリートの選手同士でこれは危険だからってことで一時停止したのは、選手間できちんとした安全意識があった事だと思うから良い事だと思う


2〜3分停止してから、再スタート


今回は前の方にしか居なかったから後ろの状況はまったく分からず
そして石川ではポイントコーナーが3か所あって、高速下りの右コーナー
一番スピードを落としてのV字コーナー、
登りに入る前の高速右コーナー


この3つはなるべく前で入るようにする、コーナー得意な自分としては再加速する必要の無いスピードで入りたいので、このポイントを押さえておけば脚の残り方が全然違う


特に最終区間の長い登りは5周回中、ラスト3周回は1番手もしくは2番手で登りに
入れたので、これは良かった


その2つ手前の高速右コーナーは先頭だとペダルを回しながら入るので、後ろがすっと離れて必ず長切れが起きてるので、そこで時間を稼げるし登りに入ってから100〜200Mここを踏んで登るか、ダラっと登れるかでは大きな差

ラストラップで集団が活性してきた、最終周回も同じように位置取りは気をつけて
何かあったら飛び移れるように
途中でコチヤ君が男前アタックで単独!! 強烈過ぎて誰もつけなかったし
まだ距離があったので放置されたけど、あれはもう一人か二人行ってたら決まってたアタックだった

誰も飛び出す選手が居なかったのでジワジワ差を詰めていき吸収


この周回もコーナーは全て前々で、、最後の登りも2番手で突入
必ずアタックがあると思ったので、集中〜 
登りはじめて300M位でジワジワとペースアップ
リンク東北のヨッシーが出てきたので
はいここ!!! 
特等席な番手につける、、、速いけど切れるスピードでもない

やっぱりヨッシー・・・・ダメか??
当たり前だけど骨折してるしね

一度平坦になった場所でチラっと後ろを確認すると20名位

若干多いか、、と思ったら、ヨッシーがそのまま加速

20名VSヨッシー さらにヨッシーの前に一人先行


リンク東北選手がヨッシーの後ろに2名居たので確実に集団をフタしてくれると
思ったのに20名なら追いつくよな〜と、考えてしまい集団に要る事を選択

はい、ここ 
ダメですね・・・スプリントで勝負するような選手ならこれでOKだけど
スプリントになったら100%負ける癖に・・


ヨッシーを捕まえるためにローテが回って残り500Mでキャッチ
この時集団は11〜2名

練習仲間の湾岸サイカさんが目の前に居たけど、ペースアップした時後ろを見て
間を開けた??

あれ・??いつもならそんな事しないのに、、

これはワザとか?それとも本当にきついのか??
やばい!!こんなことされたの初めてだったから判断つかず・・・分からないけど間を埋めるために前に出る
かなり手前から前に出て行ってスプリント開始


坂手前の平地
うーーーん、今回は65K台まで絞ったんだけど
このお腹周りを見るとまだまだ全然夢と希望が詰まりまくってる・・
これなくすだけで30w位出力温存出来そうです
沖縄まで先は長い




坂になった瞬間!!!

すっげー抜かれた

はい11位  


みんなスプリント速い


俺が遅すぎ


後この場所にチーム員が2名位居てくれれば面白いんだけど、、
イナーメはJPT選手たくさん居るけどエリート薄い、エリートでもチームプレーやってみたいです


ゴール後分かった事だけど、これって10位以内だと全日本の出場権ゲットだったらしい

って、、、スタート前に分かった所で結果は同じだろうけど


8月は実業団レースエントリーしてないので、9月まで瞬間出力アップトレーニングキャンペーンにしよう



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
見てる方もかなり灼熱だったようで、チビスケがオーバーヒート?
すぐに帰り支度してお昼を食べに移動〜

その前に湾岸飯嶋さんから、お土産をゲットしたけど
デニッシュのキャラメルパンという危険な物、レース前にもらわなくて良かった
もらって30分以内に完食してしまった、、、


その後白河ラーメン

今年も狙ってたお店が臨時休業、、あれ??潰れちゃったのかなぁ・・
向かいにある去年食べたラーメン屋さんで食べることに
だけどここも白河ラーメン独特の縮れ麺と安定の醤油味で美味い



毎年のコース、、ラーメン屋隣の大黒屋さんでスイーツ
ヒロミさんオススメの黒柿
これ美味しいです

和菓子屋さんだけど、毎年洋菓子も食べてしまう
そして今年もシュークリームと和菓子を数点、、高速乗って30K走らないうちに
嫁さんと二人で完食しちゃってたな
もうちょっと買えば良かった


11位だったけど、自分の得意な場所はアドバンテージ感じてたし
調子自体はとっても良かったです
後は瞬時の判断力と、最大出力付近で粘る力をもうちょっとアップしないと
E1で表彰台は無理だろうなと

8月練習がんばろう