読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

埼玉TT

レース


■一般登録の部 14K 21位

■19分55秒 281w 161拍/175 98回転 AV41.9K(手元計測)



今年の埼玉TTは色々凄かった


早めに現地到着すると迷子の車が多数ウロウロ、、、
閉鎖されてる場所が入場ゲートだと思うんだけど、閉鎖されてるから当然入れず

関係者も現れて、車が多数押し寄せてしまった未来館の前で入場場所説明してたけど、やっぱり閉鎖されてる場所だった
ゾロゾロそこの場所に行くけど、閉鎖中・・・・一般道路に車があふれだしてしまい大渋滞

ようやく土手を上がり駐車場に案内されるも・・


え????





ローラーアップは出来ない&草が膝下まで迫ってきてるので、ジャージ姿でウロウロしてたから
脚が傷だらけになりましたわ・・
さらに本日強風・・何かの綿毛がボンボン飛んでて車内が綿毛だらけにーーー

ここもし今日雨だったら、スタックしまくりで4駆以外脱出不可能になったんじゃないか?
想像するだけで怖い・・・・
ゴール近くに受付ブースとかあぶねーって・・・実際フラフラでゴールしてくる選手と
一般観戦者や参加者と接触ギリギリ場面多数だったので
運営は大変なのは分かるのでケチつけるわけじゃないけど、もうちょっと考えれば分かる事位は
回避してほしい、、想像力無さすぎ?

最終的にリザルトも出ない、計測は何台もミスってる、チームTTの受け付けもミスってる
15分遅れてますとアナウンスしてから、それを修正したのに修正後報告無し

中々気が抜けない大会になりました



いつも通り固定ローラーで20分アップ

マッサージのおかげでなんとか体が動いてる感覚、、、マッサージ行って良かった・・・

それでもいつもより出力が低くて、中々心拍が上がってこない
毎回同じ事やってるとアップのローラーで大体の調子が見えてしまうのも、出力表示の冷酷な所


先日まで感じてた筋肉の貼りとか乳酸が溜まってくる感触は無いので
集中してればなんとか走りきれそうな雰囲気
出力表示にすると途中で諦めそうだったのでスピード表示のみでスタート


スタート直後は追い風
追い風すげーーーーーー

2K位でギアとポジション心拍が落ち着き巡航
50K超えた所でギアを上げようとしたら・・・あれ?トップギア

あ、、そうだ・・・フロントはロード用のSRM170mmクランク装着してるので
52丁、、リアは12−25

52×12に入りっぱなし、、、ずーーーっとケイデンス100〜105回転

流石にきつい・・・心拍だけ上がってきてしまい落ち着かせることが出来ず

良かったのか悪かったのかびみょーーな所だけど、これで踏めてる状態だったら
さらにぶん回して心拍爆発してたかも?

力が出なくて踏めてなかった分、心臓的にセーブ出来たのかもしれない

結果オーライって事で・・・


そして折り返し、、、悶絶です

34K位?でヒーヒー走る・・・・きっつーい

だけど追い風区間のハツカネズミ状態よりは、心拍が落ち着いてケイデンスも90回転前後で
走れたから良かった


スタートの時は全然だめだろうと思ってたけど、今の状態でそれなりに追い込めたので
良いかな
出力は予定というか予想より低かったけど、マッサージに行ってなかったらもっとひどい状態だったと思う


ディスクにしても踏み負けしそうだったので、個人TTは前後コスカボ




午後はチームTT

ポールに話を聞くと、個人は54×11踏み切ってたと言う


ふーーーん、、、 マコッチ大丈夫! 115回転回せばOKと・・・

オニデスカ、、ポールさん・・・


チームTTなら前に人が居るのでコスカボじゃなくてディスクにチェンジ
だけど結局機材じゃなくて人なので、本日自分の調子ではやっぱりディスクは踏み切れませんでした


龍ちゃんスタートアタック、、、

はえーーーーー  いきなりトップギアに入ってしまい焦る・・・・

ローテ途中で龍ちゃんが前に出た時、ポールも軽く離れてしまい思いっきり踏み直してた

当然ポールが思いっきり踏み直すスピード、俺がつけるはずも無く速攻消えました(泣)


タケダ親分のトラックダンヌキ気分を味わいました


二人が超絶に速すぎるので、二人だけでも優勝してたけど
さらなる高みを目指すポールは、龍ちゃんにあの上げ方はダメだよ注意してましたが
どちらにしても異次元です
最近ちょっと調子が良くて調子に乗ってました、スイマセンでした。なんとかなるだろうと言う
軽い気持ちでしたが、イナーメトラック部の怖さを肌で感じることが出来ました



これで来週木祖村まできっちり休むことにします

今の状態じゃぁ何やってもムダっぽいので、メリハリつけて休養

木曜日にインターバルやればいいかな・・・